07/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./09

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

「そこの沢庵取って」 


2008.07.03
Thu
19:57

こんな台詞を、お口にナニかを頬張った感じの森T成一声で、満腹にしてくれる『戦国バサラ2』プレイ中です。

美麗オープニングムービーで見る前田慶次、実は枝毛眉です。
こんな美しい枝毛眉に出会ったのは、キグ○ス氷河の師匠以来です。

竹中半兵衛プレイレポートの、続きの続きを作りました。
お前、そろそろ一人だって気づけよ!な方はご注意下さい。(後からたたみにきます)
◆第四章…のつづき◆
恋敵、前田慶次抹殺を目論む半兵衛は「豊臣の前にひざまづきたまえ!」と、強行突破を敢行します。

秀吉「半兵衛…行けるか?」
半兵衛「大丈夫、君の名は汚さないよ。」

ワザと体力を減らして、秀吉に気づかってもらう半兵衛、仮面の下から覗く表情も誇らしげです。
なんだか面白くない慶次は、自分しか知らない秀吉の一面を語ります。

慶次「秀吉秀吉って、そんなにあいつが大事か?あいつは…自分のためなら何でもする男だ。」

慶次は暗に、お前は秀吉に遊ばれているだけなんだと諭します。

慶次「俺はここを動かねぇ…お前らが出ていけ!」
半兵衛「秀吉、ここは僕に任せてくれ。」
秀吉「…分かった。お前に任せる…すまぬ。どうやら取り乱したようだな。」
半兵衛「秀吉…君はやはり僕が敬愛する友だ。今は何よりも君のため、この剣を振るおう。」

☆↑★↑ 絆の関突破

〈攻略メモ〉
豊臣秀吉エンディング確定。このまま未来に向かって進もう!

慶次「秀吉が何をしたか、お前も知っているはずだ。」
半兵衛「知っているよ…だがそれが何だと言うんだ?僕は秀吉と共に行く…どんな事があっても。」

秀吉への愛の前には、慶次という障害ですらスパイスになるのです。満月の雫は媚薬です。

半兵衛「君は過去を見てきた…秀吉は未来を見てきた…この差がいかに大きいか、分かるだろ?」
慶次「それが許せねぇって言ってるんだ!人の心を踏みにじって、何が未来だ!」

慶次は、秀吉への未練タラタラです。
でも、もう遅いよ…慶次君。

半兵衛「過去は振り返らないよ、秀吉はね。ただひたすら進み続ける…そういう男だ。」

そういう男に仕込んだんだ…僕が、ね。

慶次「秀吉は自分の事しか考えない男だぞ。」
半兵衛「身勝手に秀吉を愚弄するな!!君は彼の表層しか見ていない!!」
慶次「お前はそれでいいのか?そんなんで秀吉の友達って言えるのか?」
半兵衛「君とゆっくり語り合う気はないよ、慶次君。」

秀吉にとって君は、もう過去の男なんだ。手を引いてくれないか?

半兵衛「今は時間が惜しいんだ…時間が…」
慶次「半兵衛…やっぱりお前も間違ってる!」

こうして、最大の敵である前田慶次を倒しました。

半兵衛「余計な事に時間を費やしてしまった…ぶほっ!…急がなくては…」

人生最大の大勝負を、余計な事と言い切る半兵衛を、愛さずにはいられません。
次回最終章は、残された時間と戦います。

category: アクション

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。