09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

世界の王よりネオロ魔の王 


2008.10.08
Wed
17:15

地元では野球の話でもちきりです。
だけど私は王崎祭やってます。

困っている人を放ってはおけない王崎先輩。
人の役に立てることが何よりも嬉しい王崎先輩。
音楽の素晴らしさを多くの人に伝えたい王崎先輩。
眼鏡越しの笑顔で声をかけてくれる王崎先輩。

『調子はどう?あんまり君の噂を聞かないから…もし良かったら、気分転換に大観覧車に乗りにいかない?』

⇒承知する
 断る

う、動かない…十字キーが動かせない…

干渉しな…(げほ)お気持ちだけで十分ですよ、先輩。

観覧車プレイを強要…(がぶ)デートに誘った直後、別のボランティアを頼まれた王崎先輩とは一先ず別れる事に。

やれやれと自室でくつろいでいる所に電話が鳴ります。

「さっきの約束、まだ有効?」

⇒有効
 無効

う、動かねぇ…十字キーが動かねぇよ…

その後、観覧車という個室の中で、酸素が薄くなるような会話を無理強い…(ごほ)弾ませる「王崎信武恋愛イベント3―C(サブ)」

来期から秋Y監督になる地元球団ですが、王崎先輩の声に代役はいないと思います(←並べるな)

K西K幸氏が演じる事によって、あの胡散臭さ…(ぶほ)キャラクターの裏側まで深読み出来る様になるのです。

category: ネオロマンス

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。