09/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31./11

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

Q10.立木文彦vs藤原啓治 


2009.01.24
Sat
00:25

さてさて、しばらくぶりのバトン再開です。
そう、布団の中で携帯を触っている方が、寒くないからです(笑)

 
◆立木文彦氏(以下T氏)◆

硬派なキャラクターを演じていらっしゃいますが、イベントのミニドラマでは全てが、

マダオクオリティ。

年始のバラエティ番組のナレーションで拝聴しましたが、高確率でブサイク芸人特集を担当、彼らの心のうちを代弁する声でさえも、

マダオクオリティ。

いつぞやの2HEARTSのネット配信ラジオでは、

「雨の日は…僕をてるてる坊主にしてよ…フーミンでっす!!」

冒頭のハイテンションな挨拶も、

マダオクオリティ。

そして、某声優さん(確か浅井長政様の中の人)と一緒に川釣りに行き、釣った魚に引っ張られて川下に流されたうえ、

「あのオヤジを引きずる魚が凄いよね?」

と言わせるところも、

マダオクオリティ。

こんなにチャーミング(爆)なオヤジが存在していいものでしょうか?

 
◆藤原啓治氏(以下F氏)◆

27歳の時、すでに「のはらひろし」だったというF氏ですが、どうやらネオロ魔ファミリーらしいのです。

アンジェリーク チャーリーの友人・マックニコル(OVAで登場)

そこまで知らんがな…

このOVAを見ていたり、先日聞いたラジオの原作を知っていたらすかさず、

「そこはチャーリーじゃなくてチェリーだろっ!」

などと、私の行動パターンからして、嬉しそうにネタにしていると思います。私が知っている事といえば、

●デスノートの相沢
●戦国バサラの松永先生

このキャラクター達が、私の萌えを満たしてくれそうだという事くらいです。

「礼儀を教えるのが大人の役目というものだ」

な、調教プレイ万歳な台詞を持っていながら、ラジオ収録に遅刻をして、

『ファンに対する礼儀が厳しい事で有名』

な、秀吉の中の人に注意される松永先生に超ギャップ萌え!(爆)

F氏がテンションを上げて話していくと、どうやら「ひろし」に近づく模様です。

判定

オフェンス F氏ボイス
ディフェンス T氏ボイス

間違えました。

どこまでも愛しいオヤジなので、

WINNER 立木文彦!!

もうそろそろ、このお二方をキャスティングして、低音が響く重厚で大人な世界…

『めんず・らぶ・CD』

という新ジャンルを開拓して欲しいのですよ。

キャッチコピー
R35…今度は彼を口説こう(殴)

その暁には、ヲタクらしく「視聴用」「保管用」「布教用」の三枚を購入するでしょう。
しかも「店頭特典全種類」だって集めてしまうことでしょう。

そんな薔薇色の夢をみながら、次回につづく。

category: バトン

trackback -- | | comment(0) | 記事編集

go page top

« 誇りを持って作品に挑め!  | h o m e |  あり得ん »

コメント

go page top

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。