05/ 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30./07

スポンサーサイト 


--.--.--
--
--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top

羊CDレポ 


2007.09.15
Sat
14:30

や、やっと完成しました…(削り終わったというべきか?)

このCDは、主人公=自分・ノーマル推奨・夢小説が好きな方が、妄想しやすいと思われます。
BLとサブの線引きはどこか?と悩んでいたり、女×男CPでも抵抗なしの私には、少々ハードルが高うございました。

S諏訪部氏からせっかく挑戦状をいただいたのに、かなり残念な結果になっております。
ヲタク人生の中で一番の恥羞プレイかもしれません。かなり酷い結果になっております。
そして、いつもより多くのジャンルが混在してますのでご注意下さい。
S訪部氏→S O川氏→O

S「なんだ?人の顔をじっと見て…はん、わかった。お前、眠れないんだろ?」
O「馬鹿だな…眠れないくらいでそんな泣きそうな顔をするんじゃない。俺に任せれば心配ない。」
S&O「さぁ、目を瞑れ。そうだ。俺達の声だけに、耳を傾けるんだ…」
S「眠れないお前を、俺達が深い眠りへと誘ってやろう。」
O「感謝するんだな…ハニービーCDコレクション、羊でおやすみシリーズ」
S&O「眠ったらいいんじゃない」

著作権的にかなりイカンとは思うのですが…通報だけはしないで下さい(懇願)
ヘッドホンの装着をオススメされましたが、ハモりの部分はきっと大変なことになると思います。
コンポで確認しましたが、ハモリの部分は『右・O川氏&左・S訪部氏』にきちんと分かれています。

さて、ここからS訪部氏が1匹~200匹まで数えてくれます。
声は先日お伝えした通り、跡部景吾様なわけですが…情報は少ないけれど…

●きっと跡部様は受け。
●たぶん忍足×跡部が王道。
●だって忍足メガネっ子だし。
●私が発掘したいのは樺地@ウッス!受け(皆無)

やはりここは、付き合いの長いシーモア老師にご登場願う事にします。FFXでは、ねっとりと接吻した直後に花嫁に唇を拭われていましたが、私は彼の事が大好きだったと気づきましたので、シーモア×ユウナを妄想してさしあげる事にしました。

ですが、うちのユウナんがアレ(7/26の記事参照)ですので…もしかしたら、あのラメントの緑悪魔の神業を超えてしまう鬼神ユウナんが誕生してしまかもしれません。それだけは回避したいところです。
参考までに神(笑)緑悪魔のフラウド様(cv笹N晃氏)EDはこんな感じです(あまりに直球なネタバレなので反転…携帯の方お目汚しスミマセン)

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

喜悦を司る悪魔フラウド様は、お色がぐりーんぐりーんなてぃんてぃんをお持ちです。コノエ(主人公)の下のお口に、ご自身のてぃんてぃんとコノエの鉤型の尻尾を挿入する、所謂二輪挿しプレイを披露し、余っているご自身の尻尾は、コノエのてぃんてぃんに巻き付けていき尖端で先端を塞ぎます。そして、これでもかと焦らしながら体を揺らし続けます。フラウド様によって動けなくなったライ(アイパッチ猫)は、コノエが犯されていく様子をガン見します。ライ(cv森K智之)の極上の呻き声をBGMに、視姦プレイ炸裂です。フラウド様ルート40分間のうち35分間は言葉攻めです。サディスティックに耳元で囁きながら、両手でコノエのてぃくびをまさぐったり、眼球を舐めたりと大忙しです。眼球は哀しみの味がするから甘いそうです。フィニッシュはもちろんライに顔射。期待を決して裏切ることはありませんでした。スチルではなくムービーで見たかったです。OVA化されたら私はきっと買います。

↑  ↑  ↑  ↑  ↑

これを超えそうなユウナん…問題あり。…逝けないよ…イケないんだよ…

はい、普通に行きます。

FFXインタ版のディスクに収録されているインタビューと、ほぼ同じ声です。
S訪部氏の鼻濁音はとても素晴らしいです。芸術と称してもいいくらいに完璧です。
彼の美声に限り美濁音でも誤字ではなさそうな気さえいたします。
頭部前方からしなかやに伸びたあの触角で首筋を擽られながら、耳に息を吹きかけられているような感覚の90匹台はとてもデンジャラスです。遙かなる時空の中で2 翡翠(cv井UK彦氏)の
障害のある恋第三段階「夜這いイベント」と同等の殺傷能力です。
仮にこの部分で眠りついても、辿り着く夢は間違いなく淫夢です。

100匹目

S「はい。羊が100匹!…おいおい、まだまだ眠くないって顔だぞ?ったく、仕方ねぇな…」

俺様なのにツンデレ…青色の髪は必ずツンデレでなくてはいけないという掟でもあるのでしょうか?

豆知識。S訪部氏は130匹台の『さんじゅ…』部分はとてもセクスィーです。

150匹目

S「ふぅ…おい!いい加減寝ろ!…ふん、いいよ。お前が眠るまで付き合ってやるよ。」

続・俺様なのにツンデレ…いや、違う…ここはやっぱり…

意地っぱり 時間が経つと あまえんぼ (by 小梅ちゃん 五・七・五)

こいつだ!ここにいたよ!ツンデレなんて現代風に呼んじゃあいけないヤツだよーー!!
甘やかしているフリをして実は甘えたいんだろ?数を数えたくて仕方ないんだろ?そうなんだろ?

200匹目

S「どうだ?200まで数えてやったぜ。っておい!まーだ寝てないじゃねーか!?」

一瞬、某ものまねタレントが真似するキム●クが降臨したのかと思いました。
ノリツッコミでキレられましたよ…眠らせる気ナッシングですね。

ここで、見兼ねた大人な男系O川氏にバトンタッチです。
O「よし、じゃあ次は俺が数えてやろう…な?」

この『な?』がとても良いです。
例えるならば…小さめの皮の手袋を装着してキュッ!ってするあの感じです。

ここからは、O川氏が201匹~400匹まで数えてくれます。
声は先日お伝えした通り、カルツなのですが…

ヴェルグが400匹(←羊確定らしい)もいると想像しただけで萌え死にしそうです。
貴方様の露出度の高さが、私に妄想という名の『快楽』を与えてくれています。
カルツの首輪に始まり腰に至るまでの計6本の拘束具ベルト
それは己を戒める為ではなく、ヴェルグを拘束するために装備しているのだと信じています。

オフィシャルでは『ヴェルグ×カルツ』のフラグが立ってますけどね。

とっても攻め声なのに…カルツ…
言葉攻めを聞きたかった…カルツ…
これが『悲哀』という感情ね…カルツ…

ネオアンジェリークのニクスさんは、自分を罰して欲しいと願う超ドMなフリフリ衣装のムッシュだし、ベルナール兄さんとラブラブだし。
鋼の錬金術師のマスタング大佐は、身も心も国家の犬となりて、雨の日は無能だと罵ってくれるホークアイ中尉に厳しく躾られるがいいし。

最近ちょっと妄想がパターン化してますね…過ぎた妄想の姿は犬ザンス~♪

はい、普通にやります。

O川氏は同じテンポで数えてくれます。よほど波長が合うのか、300匹まで起きてる事が少ないのです。

300匹目

O「どうだ?だんだんと…眠くなってきただろう?そう…そのまま…ずっと…目を瞑っているがいい…」

この声で催眠術をかけられたら、本当にシロでも黒になりそうです。
このCDがあれば、某韓流ドラマでMニョンさんがCュンさんに戻るのも簡単だったかもしれません。

350匹目

O「このまま俺の腕の中で眠れ…朝までそばにいてやるから…」

瞬時に、こんなシミュレーションをしてしまいました。

ロイ「鋼の…このまま俺の腕の中で眠れ…」
エド「……るせぇ(顔埋め)」

我ながら…女として腐っている事が口惜しくてなりません。
しかも、私はとっても『ロイ受け推奨派』なのに…

400匹目

O「さぁ…これで最後だ…羊が…よんひゃっ…ぴき…おい。まだ眠ってくれないのか?
手のかかる子だな。それとも、俺達の声が聞き足りない…
欲張りな子なのか?」

これは、ニクスさんの「困ったお嬢さんですね」の『俺様形』なのでしょうか?
それとも、ニクスEDムービー「お寝坊なお嬢さんですね」の『夜はこれから形』でしょうか?
どちらにしろ…
この台詞を聞いて眠れるマドモアゼルを連れて来て下さい。

S「ふん、わーかった。それならば、また最初から数え直してやろう。」

O川アワーにフィナーレが告げられます。

みなさんも…シーモア老師の事…時々でいいから思い出してください。

両脇にいたグアド族のガードが、案外イケメンだった事…
魔法を発動する時の動きが、爪の先までしなやかだった事…
最後に戦った時の装置が、某演歌歌手の紅白衣装のようだった事…

時々でいいから思い出してください。

そして…覚えてください。本当のシーモア老師は…

時間が経つと あまえんぼ

だという事を…

category: BL

trackback -- |comment -- | 記事編集

go page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。